OutdoorLiving

ryutax182.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 28日

DEELUXE SPARK

f0141283_19125859.jpg

DEELUXE SPARK
積極的にバックカントリーに行く事が多い人にオススメのブーツ。
スプリットボードにも対応できるように、
横方向のフレックスがしっかりしている感じがします。
開発したザビエの動画はコチラ↓

f0141283_1913910.jpg


すごい斜面。。。
11月の立山に使おう。
[PR]

by ryutax182 | 2011-09-28 19:12 | love
2011年 09月 23日

初秋

f0141283_20534678.jpg

1週間以上ブログを放置してしまいました。

山行ったり、仕事したり、友人の2次会いったり、
東京でのネオインプレスの試写会に行こうとし、新幹線内で4時間すごしたり
高山で髪切ったりしていた、移動距離もなかなか多い一週間でした。
f0141283_20582477.jpg

美男美女カップル。米を担いでいるが残念ながら死角なし。
f0141283_20583666.jpg

おめでとう!
f0141283_20584710.jpg

左に白タイツの男が。
f0141283_2102813.jpg

出口にいました。
山はコチラでhttp://rhythmnet.exblog.jp/
[PR]

by ryutax182 | 2011-09-23 21:05 | diary
2011年 09月 13日

カスタムクリニック

f0141283_21163023.jpg

DEELUXE、UNION、CAPiTAなどを取り扱うカスタムプロデュースの
セールスクリニックにいってきました。
大阪、名古屋、東京の3都市で開催され、名古屋が最終。
DEELUXEブーツの歴史、どうやって生産しているのか?品質管理は?
ブランドの内部まで迫った内容でユーザーの皆様にそういった事を伝える専門ショップ向けのクリニック。
サーモインナーの成型テクニック講習なんかもありましたよ。

ライダーも来場してリアルなギアの使用感を伝えていたり。
僕はすこしだけスプリットボードのお話をさせていただきましたが、
いや、いや緊張しました。

何でもネットで買える世の中だが、
勉強している知識と経験豊富なショップスタッフに相談しながら、
1シーズンを最高に楽しむためのギアを探す。
こういうのがスノーボードの楽しさの一つではないでしょうか。
写真はブーティー加工は水に大丈夫なのかを実験中の図。
[PR]

by ryutax182 | 2011-09-13 21:29 | diary
2011年 09月 12日

バンフマウンテンフィルムフェスティバル2011

世界で最も優れた国際的なアウトドア映画祭
バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル

日本でも9月から11月にかけて全国9ヵ所で開催。
名古屋での開催は10月23日(日) 名古屋デザインホールです。

世界各国から集められた山岳をはじめとした様々な
アウトドアスポーツの楽しさ、厳しさ、美しさ、
そして知られざる秘境に住む人々の生活や文化を写した
アウトドア映画を楽しめますよ~。
チケットはパタゴニア直営店とチケットぴあにて絶賛発売中!
[PR]

by ryutax182 | 2011-09-12 14:25 | お知らせ
2011年 09月 05日

Jacket

f0141283_2027431.jpg

先日、秋冬のウェアをチョイスしました。
今期はゲレンデとゲレンデアクセスのバックカントリー用に
サイドカントリーラインのBackbowl Jacket。
f0141283_20275477.jpg

フルハイクの山や、ガイド用には
昨年度Mentor Jacketを着て実に快適なシーズンを過ごしましたが
今年は形がリラックスフィットでボディにPacliteを使用したFurio Jacketをチョイス。
視認しやすい赤色です。

ORのホームページもFWがアップされています!
http://www.outdoorresearch.com/en

ウェアや道具がそろそろ皆さんの手元に届きだし、
来週には雑誌やビデオも続々発売される時期ですね。
過ごしやすい気温となり、徐々にスイッチ入ってきます!
[PR]

by ryutax182 | 2011-09-05 20:46 | love
2011年 09月 01日

ヒマラヤ運命の山

f0141283_10324087.jpg

著名な登山家・ラインホルト・メスナ-のヒマラヤ運命の山を見に行ってきた。
ヒマラヤのナンガ・パルバートの登頂に挑んだメスナー兄弟の物語を描い作品。
壮絶な帰還シ―ンは運命を分けたザイルを思い出した。
自分への挑戦。限界を広げるための登山。自分の成長のために。

山をやっている人はもちろん楽しめるし、山をやってない人でも楽しめると思います。
極限の世界、普段の悩みも吹き飛びましたし、もっと、情熱をもって
毎日、生活せねば!という気持ちになりました。

東海地区では名古屋伏見のミリオン座のみの上映の様です。
今年は127時間、岳と映画で見るのはアウトドア関係のが多いな。
[PR]

by ryutax182 | 2011-09-01 10:45 | diary