2009年 05月 23日

槍ヶ岳(飛騨沢)日帰りTRIP

f0141283_1195396.jpg

「日本のマッターホルン」槍ヶ岳
北アルプス)南部にある標高3,180mの山。日本で5番目に高い山。
その南西にある飛騨沢。
往復距離27km、標高差2,000m・・・。
1泊2日の予定でしたが、天気都合で日帰りにチェンジ。
f0141283_2340111.jpg

いろんな意味でイキマシタ~。










朝4時30分、新穂高出発。
ヘッドライトをつけ、パッキング。
f0141283_23454991.jpg

朝焼けがきれいな今日の旅のスタート。
前日、炎天下の中、庭師さんのお手伝いからそのままココへ
眠いです・・・不眠。
f0141283_2346286.jpg

林道を歩く。テクテク・・・・・・・・・・・・・・・・
しまったことにトレッキングシューズ忘れました(涙)
いや、あえてのスノーブーツ??
シマノとの、デートという事で・・・
f0141283_23505518.jpg

景色がいいです。
いつもの仲間、アウトドアSHOPに勤める2人。
2人は尻滑走。
地図でしっかり、現在地を確認。
当たり前の事をしっかりと。
f0141283_23543529.jpg

登山道を歩く・・・ボードブーツで。
f0141283_2358266.jpg

f0141283_2358168.jpg

f0141283_23583277.jpg

やはりボードブーツは大変です。
自分の姿を客観的に想像すると笑えました。
f0141283_23584651.jpg

やっと雪、沢をトラバース。
上部からの落石と、滑落に注意しながら歩く。
f0141283_022664.jpg

白出沢などいくつもの沢を通りました。
有数の岩場、滝谷。ドームが見えますね。
涸沢岳から南岳の稜線の飛騨側です。
f0141283_07263.jpg

槍平に到着。
ココまで4時間・・・。
おっ、いつのまにかアイゼン装着してますね~。
昔は、「あのおっさんあんなもん付けてドコいくんじゃ」と思ってましたが
今はその仲間入り中。
f0141283_0292157.jpg

いやーきれいです。
穂高~槍ライン。
f0141283_0335987.jpg

デブリ祭り。
雪崩の後です。周囲を観察、コンディションを把握しながら進みます。
f0141283_0381867.jpg

飛騨沢に入ると、日射影響のある斜面に
雪崩の破断面。
このサイズが自分達に・・・と思うと
金○○縮みますね(無い方すいません)
f0141283_0404778.jpg

いよいよ今回の滑走エリア
飛騨沢の革新部へ。槍まではまだまだ先。
f0141283_04358100.jpg

長~い道のり、飛騨乗越まで到着。
ここまで約8時間の道のりでした。
バックは大喰岳。ボク、カッコイイ笑
f0141283_0462854.jpg

そして槍ヶ岳。
f0141283_0505654.jpg

槍登頂、槍沢滑走も考えていましたが、
下山時間を考えると大変・・・今回は飛騨沢滑りました。
f0141283_0525942.jpg

いざ、DROP!
笠ヶ岳、抜戸岳等正面に3000mからのライディング。
f0141283_0582211.jpg
f0141283_155226.jpg

いやーナイスでした。
あっという間でしたが。人生の記憶に残るライディング。
その後、尻セード(ピッケルでブレーキしながら尻RIDE)で降りてきた仲間と合流。
山スキーヤーがいやがる、ボコボコデブリも、レールやBOXより
難易度の高いアイテムと思えば楽しい楽しい。
↓転倒前。
f0141283_164833.jpg

このまま槍平まで降り、そこから約3時間以上登山道をブーツを履いて
板を背負って歩くのでした・・・。
f0141283_11334100.jpg

13時間30分のロングルート。
体も心も充実感たっぷりの旅。
好きな道具を持って、好きな道具に身を包み、仲間と旅出る。
行きたい場所へ行く。大好きなスノーボードをする。
ボクにとってバックカントリースノーボードは
バックパッキングの旅なのです。
f0141283_1153618.jpg

温泉も旅の醍醐味。
リトル槍ヶ岳を隠して。

※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。
[PR]

by ryutax182 | 2009-05-23 01:21 | snow


<< フジヤマ      お財布 >>